大病を患う恐怖と闘おう|現代社会を生き抜く人々に忍び寄る癌

医者

特徴や治療のメリット

女性

免疫療法はがん治療において注目を集めている療法です。その特徴は免疫細胞の活性化を通して数を増やすというものです。副作用はありません。そのメリットは効果の持続性です。2000年代から医療の現場に導入されるようになり生存率の高さに貢献しています。

Read More...

咽頭部にできるがんとは

女性

咽頭がんは咽頭部の上部、中部、下部それぞれにできるがんの総称で、リンパ腺の腫れや呑み込みにくさが自覚症状として現れます。治療方法は外科手術もありますが、切除が難しいこともあり、主に抗がん剤や放射線療法が用いられます。また、レーザーや凍結療法による治療、そして最近では、免疫療法も用いられています。

Read More...

40歳過ぎたら超音波検査

女性

胆管がんは早期発見できると生存率が90%を超えるため、発症リスクが高くなる40歳過ぎると毎年腹部超音波検査を受けることが大切です。特に胆石がある人は発症リスクが4〜5倍に増えるため生活習慣を改めると共に、積極的に検査を受ける必要があります。

Read More...

治療が難しい病気の対処法

女性

癌の転移は、体の中で癌細胞が発生し進行すると最初に発症した部位とは別の部位に広がって増殖することを言います。治療を始める前にもう転移していたり、手術後に転移する場合もあります。癌は、早期発見であれば外科で手術をすることで完治させることも可能ですが転移して広がってしまった場合は一般的に放射線治療や抗癌剤治療が使われます。しかし、抗癌剤治療などは体への負担が大きく副作用もあるので体のダメージを考えると出来るだけ手術を行ったほうが良いと言われています。転移しても手術が行える場合があるので、なるべく手術で患部を除去する必要があります。しかし、腫瘍を除去しても臓器が生活に支障がない程度に機能するかということが大事になるでしょう。現代社会を生き抜く人々に忍び寄る癌に要注意です。

癌が転移するのは、癌細胞が増殖して血液やリンパに乗って全身に運ばれるようになるからです。人によっては、特定の臓器だけでなく骨にまで癌が広がってしまうケースもあります。転移が起きてしまうと治療も難航するので、出来るだけ転移しないように体調管理には気を付けて定期的な検査を行っていく必要があります。癌になって一度手術をして完治した場合でも再発して転移することもあると言われています。何としてでも転移を阻止しましょう。比較的初期段階の転移であれば、手術で除去したり症状の進行を抑えることも出来るので医療機関としっかり連携を取りながら経過観察していくと良いと言えます。現代では、三人に一人は癌になると言われている時代であり若い人でも発症するので日頃から体調管理と定期検査は欠かせません。