大病を患う恐怖と闘おう|現代社会を生き抜く人々に忍び寄る癌

医者

特徴や治療のメリット

女性

免疫療法が世界的に注目を集めています。特に、がんの治療において顕著です。がんは外科手術によって取り除くことが一般的な療法として認められていますが、最近は放射線治療とともに免疫療法が行われることも多くなりました。今では抗がん剤を代表とする化学療法に加えて4大がん治療法とされています。この免疫療法の特徴は、人間が体内に備えている免疫細胞を活性化させたり、その数を増殖させることで免疫力自体を高めることによって、がんを治療するというものです。これまでの療法ではメスを使ったり、薬を投与したり、放射線を照射したりと、外部の力を借りていました。しかしながら、免疫療法は体内の力を活かしてがんを改善させるので、副作用は一切ありません。

免疫療法が非常に人気があるのは、その効果が長い期間持続するからです。他の治療法に比べると即効性は若干小さいかもしれませんが、長きに渡って効果を発揮してくれるのは、大きなメリットです。しかも、若い人の場合は身体の免疫機能が活性化しやすいので、早期発見であればあるほど、高い効果が発揮されます。一般的には樹状細胞ワクチン療法が知られていて、免疫細胞の数が数十倍もの数に増えます。免疫療法の有効性は1990年代には既に認識されていました。しかしながら、実際に医療の現場に用いられるようになったのは2000年代です。免疫療法が導入されてから、年々がん患者の生存率が高くなっていき、飛躍的な施術方法になりました。